よくあるご質問

サイト内検索

よくあるご質問

入校から卒業までの期間はどれくらいかかりますか?

普通免許の場合、通常期で2ヵ月程で卒業される方が多いようです。週にどれくらい受講できるかで変わってきます。お急ぎの方は、短期コースの受講や、比較的空いている4-7月に通われることをおすすめします。

モデルケースを見る »

できるだけ短い期間で免許を取る方法はありますか?

短期間で取得したい方は「サマープラン」「短期コース」をご利用いただければ最短で約2週間で取得することも可能です。春休みや夏休みなど混雑時は予約が取りづらい為、日数が長くなりますのでご了承下さい。

短期コースの紹介 »

営業時間と休校日はいつですか?

営業時間は、月~土曜日 8:50~20:00 です。
土曜日は 16:40 までの日もあり、日祝日以外の休校日もありますので、下記カレンダーをご確認の上ご来校下さい。お待ちしております。

営業日カレンダーを見る

教習生の多いシーズンはいつ頃ですか?

2月、3月、8月が繁忙期です。
12月中旬から3月末までは高校生の方が多く、8月は大学生や専門学生の方が多くなる傾向があります。4~7月は、比較的空いているので、免許を早く取りたい方や、好きな時間に授業を取りたい方にはおすすめです!

入校手続きは、すぐにできますか?

はい、受付窓口にてすぐ対応させていただきますので、お気軽にお越しください。

教習料金は、いつ払えばいいのですか?

入校日、あるいは入校日前にお持ちしていただいても結構です。
教習料金はいろいろなサービスがありますので一度、お問い合わせください。現金でも銀行振込でも結構です。
※銀行振り込みの場合には、受取書を入校当日にご持参ください。また当校指定の金融機関からの振込であれば振込手数料を当校が負担させていただきます。

教習料金の支払いにローンはありますか?

はい、ローンでのお支払いも可能です。数ヶ月後からお支払いを開始する方法もあります。入校受付時に、ローン会社との簡単な審査をさせていただく事になります。

交通の便が悪いので困っています。送迎バスなどはありますか?

送迎バスが、桑名駅方面より毎時間運行しております。また桑名駅から三重交通バスも約30分間隔程度で走っておりますので、合わせてご利用ください。駐車場や駐輪場もございます。

バスルートを見る »

自動車学校の転校は可能ですか?

指定自動車教習所間であれば全国どこでも転入できます。転校先では前教習所での続きから教習を受講することができます。まずはご相談下さい。

AT車とMT車、どちらにしようか迷っています。

今の乗用車のほとんどがAT車で、MT車は一部の車(トラックやスポーツカーなど)だけとなってきました。ですからAT車で免許を取得するお客様が年々増えてきていますし、運転操作もAT車のほうが簡単です。MT車を運転しなければならないという状況でなければAT車で十分です。

AT車限定免許を所持していますが、仕事でMT車に乗らなければならないのですがどうすればいいですか?

AT車限定免許の限定を解除して、MT車を運転する事ができます。

AT限定解除コースの紹介 »

免許を取得してから長い間運転していなくて不安なのですが、練習はできますか?

はい、できます。
お客様の運転に対する不安を払拭し、個人の技量に応じて所内での運転から路上の運転にと自信を回復して頂けるメニューを用意しております。
また、駐車(車庫入)等の練習等だけでも可能です。

ペーパードライバー講習の紹介 »

校内で飲食はできますか?

待合室等を利用して飲食していただいて結構です。校内には飲み物の自動販売機があり、近くにコンビニも複数店舗あります。

周辺施設を見る »

小さな子供がいますが、教習できますか?

はい大丈夫です。
教習中にお子様をお預かりする無料の託児室がありますので、どうぞご利用して下さい。
但し 1才以上のお子様で、ご利用時間は平日の9:10~16:40までで予約制となっておりますので、入校申込時にご相談ください。

設備案内を見る »

住民票の住所が三重県内ではないのですが、大丈夫でしょうか?

他府県の住民票でも教習はできますが、卒業後の本免学科試験は住民票所在地の試験場で受験していただくことになります。
また、教習期間中に住民票の住所変更の手続きをして頂ければ、卒業後三重県の試験場で受験することができます。

二つの車種の教習を同時に行えますか?

申し訳ありませんが、当校では一つの車種をご卒業されてから次の車種を案内させていただいております。
当校ご卒業後、半年以内に他の車種でご入校された場合には、お得な卒業生割引がありますので、是非ご利用ください。

自動運転が開発されれば、免許はいらなくなりますか?

自動運転技術は日進月歩ですが、完全自動運転までにはまだ乗り越えなくてはいけないハードルが数多くあります。それまでは免許は必要でしょうし、なにより自分で運転する楽しみは未来永劫なくなりません。